Skip to main content

Microsoft Copilot for Finance のご紹介:Microsoft 365の次世代AIで財務を変革する

(本投稿は米国時間2024年2月29日付の ブログ投稿の日本語抄訳です。内容に齟齬がある場合、原文を正とさせていただきます。)

 

Executive sitting at desk using laptop in an office with a panoramic view. Including Copilot logo.

By Emily He, Corporate Vice President, Business Applications

 

財務部門は組織の中枢であり、与信や回収といった見積から現金化までのプロセスから、リスク管理やコンプライアンスに至るまで、重要かつ複雑な業務を無数にこなしています。財務チームは、このような必須かつ労働集約的な業務を担当するだけでなく、業績に関するリアルタイムの洞察や、将来の成長イニシアチブに関する提案をますます求められるようになっています。実際、財務部門のリーダーやチームの80%が、業務の枠を超えてより戦略的な仕事を担うという課題に直面しています。しかしその一方で、重要かつ義務的な責任の維持から逃れることはできません。

 

Microsoftは、財務チームが時間を取り戻し、業績に影響を与える重要な意思決定を常に行えるよう支援するソリューションを発表しました。Microsoft Copilot for Finance はMicrosoft 365向けの新しいCopilotエクスペリエンスで、財務担当者が毎日使用する生産性アプリケーション内から、AI支援によるコンピテンシーを解き放つことができます。現在公開中のCopilot for Finance は、Dynamics 365 やSAPなどの組織の財務システムに接続し、Microsoft Outlook、Excel、Microsoft Teams、その他のMicrosoft 365アプリケーションで、役割に応じたワークフローの自動化、ガイド付きアクション、推奨アクションを提供します。   

 

 

 

イノベーションを活用して財政管理を加速する  

 

財務チームは、組織全体の効率性を向上させるためにプロセスを革新する重要な役割を担っています。チームがより戦略的な業務をサポートするために時間の使い方を進化させ、改善しようとする中で、より平凡で、反復的で、手作業が多い業務があることは明らかです。  財務担当者の62%は、1日の大半を分析やチーム間のコラボレーションに費やす代わりに、データ入力やレビューのサイクルから抜け出せないでいます。² これらのタスクの中には、コンプライアンスや税務報告のように自動化できない重要なものもありますが、財務リーダーの大半からは、これらのプロセスを変革し、時間を確保するために必要な自動化ツールやテクノロジーが不足しているという声も聞かれます¹。 

ビジネスのペースが日々加速する中、ディスラプターになるには、イノベーションを促進し、収益を支えるテクノロジーへの投資が必要です。今後3~5年で、CFOの68%がジェネレーティブAI(GenAI)による収益成長を見込んでいます。³次世代AIを導入してインサイトを提供し、コストと時間のかかる業務タスクを自動化することで、チームはその時間を財務スチュワードやストラテジストとしてのインパクトを加速させるために再投資することができるのです。

  

 

Microsoft Copilot for Finance:より少ないコストでより多くのことを実現 

 

動画:Microsoft Copilot for Finance

 

Copilot for Finance は、Microsoft 365アプリケーションでの作業中にAIを活用した支援を提供し、財務プロセスをより合理化、自動化します。Copilot for Finance は、簡単なプロンプトでデータを引き出して照合することで監査を合理化し、コミュニケーションと支払い計画を自動化することで回収を簡素化し、差異を簡単に検出することで財務報告を迅速化します。時間とコストを大幅に削減できる可能性があり、財務担当者の働き方だけでなく、組織内の影響力を高める方法にも変革をもたらします。  

ユーザーはCopilot for Finance と様々な方法で対話することができます。業務の流れの中でアクションを提案したり、自然言語でプロンプトを入力して質問したりできます。例えば、ユーザーはCopilotに「予実差異データの理解を助けてほしい」と頼むことができます。瞬時にCopilot for Finance が洞察を生成し、ERPおよび財務システム全体からデータを直接取得し、取るべきアクションを提案し、文脈に応じたテキストを生成して関連ファイルを添付することで、先手を打つことができます。他のCopilotエクスペリエンスと同様に、ユーザーはCopilotを使用してアクションを実行する前に、ソースデータを簡単にチェックして透明性を確保できます。

   

Copilot for Finance はMicrosoft Copilot Studioを使用して、Dynamics 365やSAPなどの既存の財務システムだけでなく、数千ものシステムに接続できます。既存のソースから洞察を引き出したり、アクションを更新したりできるため、Copilot for Finance を使用することで、ユーザーは仕事の流れを把握し、より効率的にタスクを完了できるようになります。  

 

 

Copilot for Finance Reconciliation Report

 

 

財務プロフェッショナル向け 

Copilot for Financeは、財務担当者の業務において重要で時間がかかりがちなタスクやプロセスに精通しており、データに関する質問、洞察の提示、プロセスの自動化を簡単に行うことができます。今日の財務チームは多くのタスクを担当していますが、Copilot for Finance がパブリックプレビューでサポートする3つのシナリオについて説明します。   

また、Copilot for Finance は、財務アナリストが報告ミスや未確認の差異を見逃すリスクを低減するのにも役立ちます。大規模な財務データセットの異常なパターンを手作業で確認するのではなく、Copilotを使用して異常値を検出し、調査のために差異を強調表示することができます。Copilot for Finance は、企業コンテキストで再利用可能な自然言語による指示により、差異識別を合理化します。財務アナリストはCopilotに指示し、差異に対する回答を特定することができ、Copilotはサポートデータを自律的に収集します。   
企業の財務諸表監査は、正確性を確保し、リスクを軽減するために不可欠である。従来、売掛金管理者は、ERPレコードから手作業でアカウントデータを取得し、Excelで照合し、手作業で不正確な箇所を探す必要がありました。Copilot for Finance を使用すると、これらの重要なステップを1回のプロンプトで実行できるため、売掛金管理者は、Copilotが提案するコピーと関連する請求書を使用して、不整合や発見された延滞に対処できます。    


「財務組織は、構造化データセットと非構造化データセットの融合を支援するために、ジェネレーティブAIを活用する必要があります。Copilot for Finance は、この課題に積極的に取り組むソリューションです。Microsoftは、一般的なビジネス問題に対するAI主導のソリューションを提供することで、ビジネスアプリケーションの限界を押し広げ続けています。Copilot for Financeも、この取り組みの強力な一例である。Copilot for Finance は、あらゆる規模の組織の財務担当者がインパクトを加速させ、場合によっては財務運用コストを削減するのに役立つ可能性があります」。 
-IDCリサーチディレクター、ケビン・パーメンター氏 


 

Copilot for Finance Reconciliation Report

 



回収プロセスは、会社のキャッシュフロー、収益性、顧客関係に影響するため、もう一つの重要な責任です。回収コーディネーターは、未決済のアカウントを確認し、タイムリーに照合することに時間を費やします。これは多くの場合、電話、電子メール、支払い計画の交渉を意味します。Copilot for Finance を使用すれば、回収担当者は、煩雑な作業をCopilotに任せることで、より有意義な顧客とのやり取りに時間を割くことができます。Copilot for Finance は、優先順位の高いアカウントを提案し、会話を要約してERPに記録し、顧客にカスタマイズされた支払いプランを提供することで、回収プロセスをエンドツーエンドでサポートします。     

 

Copilot for Finance Outlook draft



また、Copilot for Finance は、財務アナリストが報告ミスや未確認の差異を見逃すリスクを低減するのにも役立ちます。大規模な財務データセットの異常なパターンを手作業で確認するのではなく、Copilotを使用して異常値を検出し、調査のために差異を強調表示することができます。Copilot for Finance は、企業コンテキストで再利用可能な自然言語による指示により、差異識別を合理化します。財務アナリストはCopilotに指示し、差異に対する回答を特定することができ、Copilotはサポートデータを自律的に収集します。

 

 

Copilot for Finance Variance Analysis details and recommendations
   
Copilot は、財務状況の連絡先を提案し、アクションアイテムの追跡とフォローアップを合理化するための自動サマリーを提供します。Copilot for Finance は、主要な利害関係者に報告するための微調整された財務解説、PowerPoint プレゼンテーション、電子メールを生成できます。  


マイクロソフトファイナンスの自社活用事例

マイクロソフトは、無数のプロセスとシステムを管理・推進し、会社の成長と戦略の機会を特定するために、財務チーム全体で数千人を雇用しています。財務の最新イノベーションを試験的に導入するのに、これ以上の適任者がいるでしょうか?最初のフェーズでは、売掛金に重点を置く財務チームと、財務計画と分析を担当するチームと緊密に連携しました。彼らは、さらなる分析を行う前に、ワークフローの一環としてデータの照合を行う必要があります。Copilot for Finance のデータ照合機能を試用した結果、これらのチームにとっての初期の価値とスケールの可能性は明らかでした。 

「現在の財務アナリストは、データの調整に週平均1~2時間を費やしています。Copilot for Financeでは、それが10分に短縮されます。データ照合のような機能は、マイクロソフトのような複雑な組織にとって、非常に大きな時間節約になります。" 
-Microsoft Commercial Revenue Planning Lead、Sarper Baysal氏 

「売掛金の照合機能によって、ソース間のデータ比較にかかる時間をなくすことができ、1口座あたり平均20分の節約になりました。試験的な使用に基づくと、平均処理時間で平均22%のコスト削減になります。" 
- Microsoft Finance Global Treasury and Financial Service Senior Director、Gladys Jin氏 


Microsoft Copilot for Finance
次のステップに進む準備はできていますか?Microsoft Copilot for Finance のパブリックプレビューを本日より開始します。パブリックプレビューのデモをご覧いただき、ソーシャルでフォローして今後の発表をお待ちください。 


組織全体のビジネス機能向けにCopilotが提供するその他のサービスをご覧ください。 

Copilot for Finance は、Microsoft Copilot for SalesMicrosoft Copilot for Serviceなど、ビジネス機能向けに設計された他のCopilot製品に加わります。   
仕事の未来とジェネレーティブAIに関する研究洞察については、ワークラボをご購読ください。 
Microsoft Future of Finance Trends Report, 2023 
² Metric of the Month:財務における時間配分、CFO、ペリー・D・ウィギンズ。2020年12月7日機能領域とアプリケーション領域のユースケースで GenAI ジャーニーを加速、IDC、ミッキー・ノース・リッツァ。2024年2月 

Comments

*This post is locked for comments